鉄道と野球の古本店/古本買取 ユニコーン書林
トップページ商品カテゴリお支払について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ
商品詳細

大分県交通史/九州交通新聞社/1978年


箱・全606頁。【第一章 二豊交通史の源流と背景-十九世紀末までのこと-】 九州鉄道の目論見書・別府大分電鉄、計画から開通まで・電車と客馬車の運賃合戦・仙石貢と九州鉄道合併劇・大分堀川港の歴史 ほか。【第二章 大分県交通界の草分け-第一次大戦後までのこと-】 別大電車、伊予資本に・大分水電株式会社を合併・九州鉄道から帝国鉄道庁へ・一億円余で九州鉄道を買収・博多より二十二年おくれて大分駅開業・木造平屋建ての大分駅舎・別大電車、九水の経営に・西鉄の前身 第一号誕生・耶馬渓鉄道と地方名士・日出生鉄道と地方名士・宇佐参宮鉄道と鉄道と地方名士・国東鉄道と地方名士・自動車時代の幕開き ほか。【第三章 昭和不況と戦時統制の試練 -終戦前夜の頃まで-】 自動車時代のハシリ・バス創業者の受難・所管争いの間にバス業者乱立・鉄軌道会社がバスを積極兼業・日出生鉄道と豊州鉄道の悲運・別杵自動車と参宮自動車・大分市タクシー業界の草分け・大分バス、走り出す・会社設立、県南に次々拠点・大分バス、県南二十三社を統合・五社合併 ついに西鉄誕生・七社合併で大分交通誕生・大分バス、高野自動車を買収 ほか。【第四章 敗戦後の経済統制と公共運輸の復興 -講和条約・独立回復の前夜まで-】 運輸交通機関の復旧・生き残った亀の井バス 日田バス・日産とトヨタの草分け・いすゞの育ての親・曽我村治 ほか。【第五章 統制撤廃で自由競争本格化-マイカー時代の前夜まで-】 自動車、やっと自由販売に・業界団体の動静・大分交通の社歌と社旗・地方鉄道のディーゼル化進む・高崎山のサルで稼ぐ・バス人口、十五年ぶり戦前最盛期の水準・大分バス、九州で6位(路線キロ)・大水害で日田バス従業員整理 ほか。【第六章 モータリゼーションの進展-一九七〇年代初頭まで-】 ダイハツ販売店の創世記・プリンス自動車と田中豊吉・三輪車全盛時代の終わり・国鉄大分駅舎の改築・九州横断道路開通・国観バスにスピード免許・近鉄の進出で緊張・近鉄九州の企業配置・臼杵〜八幡浜のフェリ-・タクシーが大衆の乗り物に・別大電車、仏崎で受難・大分交通、鉄軌道から全面撤退・大分〜宮崎間に特急バス・日豊線電化とダイヤ改正・別府はとバスと岩崎二郎・近鉄バスの上陸阻止・西鉄の大分県下進出 ほか。【第七章 輸送革新と総合交通体系-多様化する業界環境と諸条件-】 路線トラック躍動・九四フェリー三社・ダイヤモンドフェリー登場・別府〜広島間にフェリー・別府交通センター始末記・関西汽船の栄光と誤算・九州産交の大分進出・大分バス本社ビルと近代経営路線・近鉄の資本参加を受け入れ・太平洋沿海フェリーと名鉄・過疎問題が深刻化・高速時代に乗り遅れた大分 ほか。【第八章 整備事業の振興と安全な交通の追及-自動車の役割が特に大きい大分県-】 配給会社、整備で食いつなぐ・ディーラーも整備業が主力・農協陣営の自動車事業熱・バス会社も民間車検に積極的 ほか。【第九章 運輸行政と業界団体の歩み】 鉄道管理局小史・県バス協会と県乗協 ほか。交通百年史総合年表・関係行政機関一覧・関係団体 会社要覧 ほか。

商品名 大分県交通史/九州交通新聞社/1978年
販売価格 3,500円
在庫

数量:

箱なし裸本